フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 第7回成田市民ユニカール大会 | トップページ | 3月定例市議会が始まりました。 »

2012年2月21日 (火)

笑いと健康

Dsc_02942月19日に成田市健康づくり推進協議会主催で、『成田市健康づくり講演会』が開催されました。

後援題名は、笑いと健康というテーマで、群馬県高崎市で中央群馬脳神経外科病院院長の中島英雄理事長先生が講師でした。

医師の立場にありながら、落語家10代目桂文治門下生で、芸名を桂 前治といい、自らの病院に、寄席の施設を作り、患者さんや一般の方に笑いを提供しているとのことでした。

笑いは、高血圧の方にとっては、血圧を下げる効果があり、血糖値の高い方には、血糖値を下げる効果があると、自らの診断結果からもしょうめうされていることをお話しされました。

私は、スポーツ有資格者の研修で早くから笑いと健康については知らされていました。

有名な話では、ノーマン・カインズの奇跡の話があります。

1964年に49歳のノーマン氏が、強直性脊髄炎にかかり、強い痛みで歩行不能になり、回復の見込みは500分の1とせこくされましたが、笑いとビタミンCの大量療法により、症状が軽快し、数か月で職場復帰を果たし、その経過が医学誌に掲載され、笑いとの効果が注目されたといわれています。

日ごろからユーモアのある会話と生活習慣に心がけましょう。

« 第7回成田市民ユニカール大会 | トップページ | 3月定例市議会が始まりました。 »

トピックス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いと健康:

« 第7回成田市民ユニカール大会 | トップページ | 3月定例市議会が始まりました。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31