フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

成田国際文化会館の管理が変わります。

成田国際文化会館の管理は、成田市の外郭団体、成田市教育振興財団が行っていました。

また、成田市職員の部長経験者の天下り先にもなっていました。

公共施設の管理については民間を含め指定管理者制度が導入されてから6年余りが経過しましたが、今までの実績を考慮して、継続して管理を委託してきていました。

24年3月末で指定管理期間が満了となるため、8月15日より同文化会館の指定管理者応募要項を配布し、8月末から受付をしていましたが、最終的に、現管理者の成田市教育文化振興財団と株式会社ケイミックスの2団体が応募し、審査の結果、株式会社ケイミックスに決定となり、12月定例議会で承認可決されました。

所管の教育民政常任委員会では、成田市教育振興財団の職員の処遇などについて、これまでの経過を考えるとかわいそうだとか、利用サービスの低下が心配だ゜とかで、委員会の採決は、3対3の同数となり、委員長採決で委員会可決され、本会議でも、共産党や公明党、リベラル成田と会派外の2名の議員、会わせて11名が反対しましたが、賛成多数で可決されました。

株式会社ケイミックスの収支予算では、指定管理料が7800万円ほどで、これまでの指定管理料とは5千万から6千万ほど成田市の経費が抑えられるようになっています。

行政改革には多少の痛みは伴うものであり、ケイミックスでも4年間の指定管理の内容次第ではどうなるかはわかりません。

しっかりと管理業務をチェックしていきたいと思っています。

2011年12月27日 (火)

(仮称)畑ヶ田多目的スポーツ広場整備事業用地取得

成田市では、生涯スポーツ振興のために、成田空港株式会社が空港敷地の確保のために、移転補償代替え地として所有していた、成田市は畑ヶ田地区の12ヘクタールの土地を取得しました。

Img

取得用地の面積は、123.722.25平方メートルです。

取得金額は、2億5千万円でした。

とりあえずの使用方法としては、敷地の奥は球戯場として(サッカーが主になりそう)

手前の左側の用地は、多目的スポーツ広場として

右側は駐車場として利用案を示されました。

利用開始にあたっては、指定管理者制度になるもので、地域の管理組合の設立でと考えているようです。

市民対象のスポーツ広場としての活用ですが、地域エゴが出ないことを願うものです。

2011年12月26日 (月)

12月定例議会のも報告です。

赤坂消防署庁舎建設工事の契約を承認しました。

Img
成田ニュータウンの中心部にある赤坂消防署は老朽化のため現在は解体され、消防機能は、公津消防署に移っています。

元あった敷地に新庁舎が建設されますが、このほど結節工事会社が決まりました。

成田市大清水にある、小林建設株式会社が入札で落札し、3億9千399万3490円で契約を締結する議案を可決しました。

完成は平成25年2月25日で、同年の4月1日より開所となります。

2階建ての庁舎で、延べ床面積は、1534.46平米です。

仮眠室は15部屋で、他に女子仮眠室は2部屋設置されます。

屋上には太陽光発電も設置されます。

2011年12月25日 (日)

議会報告です。

12月定例議会で決まったことの報告です。

保健福祉館内にある精神障碍者の授産施設、あじさい工房のかんりにかんする条例の一部が改正され、ていいんが19名から20名になりました。

また、民間事業者が、墓地等を設置する場合の条例も変更され、計画の段階から事前協議が必要になりました。

新しく条例が定められました。

成田市景観策定審議会設置条例が決まりましたので、国の景観法に基づいて設置されたものです。委員は11名で構成されます。

審議会は市長の諮問機関になりますので、骨抜きの審議会にならないような運営がなされなければなりません。

2011年12月24日 (土)

議会報告です。

今日はクリスマスイブ・・・皆さんはどうお過ごしでしょうか・・・・

私は、夜居酒屋のバーテーに参加してクリスマスを楽しみます。

12月定例議会も22日で終わりました。

定例議会での内容報告をいたします。

人権擁護委員の江波戸秀樹さんの任期が切れるので、議会の意見を求める議案が出されました。

市長としては引き続き同氏をお願いしたいとの提案でしたので、議会としては承認いたしました。

ただ、何期まで同じ人を提案してくるのかという、けじめがないのが変なんですが、人事案件というものは、なんとなく意見が言いにくい雰囲気があります。

思案中です。

成田市では観光PR事業として、競馬の成田特別レースを行うとのこと、このことについて、議会の主管である経済環境常任委員会が詳細を知らないというハプニングが起こりました。

成田市の職員の怠慢さが、最近になって増えているように気がします。

議会の最終日になって、この話が出たときに、議員が内容を知らないということは、執行部側の手落ちそのものです。

夕方になって、急にFAXで内容を通知するという出来事がありました。

何か変です。

2011年12月21日 (水)

帰ってきました。

Dsc_021412月16日から故郷の沖永良部に行っていましたが、我が家からすぐ近くの海、幼き時代を過ごした場所を最後に見て、19日の夜帰ってきました。

小さいときは、個々の海で、ウニをとって食べたり、泳いだりした、懐かしい場所です。

この写真は、ちょうど引き潮で、サンゴの海岸が表に出ているところです。

Dsc_0219帰ってきてから早速活動開始です。

20日は、玉造地区社会福祉協議会で、地域の一人で過ごしている方との、振り合い給食とクリスマスパーティーを兼ねてお食事です。

保健福祉館で、地区担当の保健推進院の方と、女性役員が腕を振るっておいしいお食事を作っていただきました。

この日のメニューは、ミックスビーン入りあけぼの寿司、鶏ひき肉むの清田煮、白菜とリンゴの甘酢サラダ、もずくスープ、杏仁豆腐の5品で、総カロリーは638カロリーでした。

2011年12月19日 (月)

田舎に帰っています。

16日から田舎に帰っています。

Dsc_020816日から田舎の沖永良部に帰っていますが、偶然にも私の故郷、沖永良部の知名町が、町制施行65周年とのことで、急遽、式典に参列することになりました。

平安町長の愛差の後には、知名町5代目名誉町民として、医療法人徳洲会理事長の徳田虎雄さん゛議会の承認のもとに認められ、名誉町民称号が繰られました。

徳田虎雄理事長は病気治療中の為、徳田秀子夫人が代理で称号の楯を受理されました。

Dsc_0209_2式典の後に、会場の駐車場で知名町の産業祭りが始まりました。

開式のあいさつでは。徳田毅衆議院議員議員が、TPPは、田舎の農業を破たんにすると、絶対に認めることはできないと訴え、TPPの導入には断固としいて反対していくと、力を込めて訴えていました。

TPPよりも2国間で締結するFTAを推進すればいいのかなと・・・・・

Dsc_0212夜には祝賀会がホテルの大ホールで行われ、田舎独特のオープニングセレモニーで始まり、250名ほどの参加者は、町の長老者と島以外からの尊家者は感慨深く感じたようです。

たまに帰る田舎ですが、島独特のおもてなしには、本当に自分を人生の原点に貸してもらっているようでいろいろ考えさせられます。

人生は煩わしの中にあるのに、それを避けようとしている社会憲章に反省を訴えているように思えて仕方がありませんでした。

2011年12月18日 (日)

田舎に帰っています。

Dsc_020516日から田舎に帰っていますが、17i日は母校の小学校で、第3回目のガジュマルコンサートがあり見学に行ってきました。

PTAの役員さんが、子供たちへの故郷思い出づくりと、地域との触れ合いと地域の活性化を図る思いを込めて始めたそうです。

コンサートに先駆けて、ガジュマルにイルミネーションを飾り、17字45分には点灯のカウントダウンの合図に合わせて、スイッチオンされました・

Dsc_0204

コンサートはこの後、学校の体育館で始まり、小学校の児童による作詞の歌、ガジュマルさん聞いて、の合唱で始まりました。

学校の児童は少なくなっていますが、地域の皆さんの取り組みに、熱い熱意がしっかりと伝わってきました。

2011年12月17日 (土)

田舎に帰っています。

12月16日より、田舎に帰っています。

鹿児島より南へ546Km、プロペラ飛行機で1時間15分、面積96平方キロ、人口15000人の沖永良部島です。

Dsc_0198父親の1周期のためです。

昨年の年末に94年の生涯に終わりを告げ、大勢の皆さんに看取られてのお別れでした。

今でも父の生真面目な生き方とどんな時でも自分の信念を曲げずに自分流につきとおした父を尊敬しています。

我が家の墓地に父と15才で病死した弟が眠っています。

Dsc_0200
写真は私が小学校生活を6年間過ごした学校です。

当時の学校は木材建築でした。

開校103年になります。

大きな木は、ガジュマルと言って、その当時から学校のシンボルとして、変わらぬ雄姿です。

1950年代は300名もいた小学校でしたが、今では、70名弱の小規模校になっています。

でも、帰ってくると、やはり懐かしい母校です。

2011年12月13日 (火)

第19回成田リトルシニア旗杯選抜少年野球大会

12月11日、成田リトルシニアの専用球場において、第19回目となる、成田リトルシニア旗杯選抜少年野球大会が開幕しました。

Dsc_0196今年は34チームが参加しての開幕となっています。

開会式には、成田高校の野球部の監督さんも来賓として来ていました。

大会初日は、8球場で1回戦、2回戦が行われます。

開会式をした、成田リトルシニアの専用球場での第1試合開始では、始球式があり、投手としては、成田リトルシニアの会長、千葉県議会議員の小池さん、捕手として私が勤めました。

大会は、12月17・18日で行われ、18日は準決勝、決勝戦が行われます。

Dsc_0197

開会式が始まるまでに、控室での歓談の中で、同席していた、成田高校OBで、現役の競輪選手がいて、競輪は肉体労働者なんです。

と言って、見せてくれたのが、筋肉隆々の太ももでした。

太腿の周りが70Cm近くだそうです。

現役競輪選手で、現在はSクラスからAクラスに落ちたので、何とか復帰したいと頑張っているそうです。

2011年12月12日 (月)

第6回ユナイテッド航空旗争奪軟式少年野球

第6回目となる、大手航空会社、ユナイテッド航空が主催する、ユナイテッド航空旗争奪軟式少年野球は、48チームが参加して開催していましたが、12月10日に、ナスパスタジアムで準決勝2試合と決勝戦がありました。

Dsc_0195準決勝戦は、大和田タイガースと成少フォックスガ接戦で、大和田タイガース

冨里ラディソンエンジェルス対明神スポーツ少年団は冨里ラディソンエンジェルス

決勝は、大和田タイガースと冨里ラディソンエンジェルスで、7回表に冨里ラディソンエンジェルスが1点差まで追い上げ、反撃しましたが、大和田タイガースが守りきり、優勝しました。

最優秀選手賞には、ユナイテッド航空機で行く、グァム旅行3泊4日のホテル付きチケットが贈られました。

この大会の人気は、最終日に贈られる、副賞にあるように思えます。

森田健作千葉県知事の政経セミナー

森田健作千葉県知事の千葉未来研究会が第9回目の政経セミナーを成田市内のホテルで開催しました。

Dsc_0194挨拶と県政報告をした知事の話では、移動交番の増設で、東葛地区のひったくりが50%減になったこと。

アクアラインの800円効果で、南総地区の経済効果が顕著に増加した。

圏央道の早期完成に向けて取り組んでいく。

来年はアクアラインマラソンで千葉をもっとアッピールして行く事などがあつっぽく語られました。

ただ、タレント癖が抜け切れていないなぁーーと感じたことも事実です。

2011年12月 5日 (月)

街角クリーン作戦

Dsc_0193
12月4日に、成田ニュータウン地区では、地域内を一斉にきれいにしようと、毎年街角クリーン作戦と称して活動しています。

成田ニュータウンの一角、玉造地区では、玉造地区青少年健全育成協議会の生活委員会が中心となって行いました。

地区内にある自治会からは3~4名の方が参加するとともに、地域内の中学校、玉造中学校からも、生徒の皆さんがボランティアとして参加してくれています。

今回も70名ほどの生徒が参加して、玉造地区内のメイン道路を中心に、空き缶やペットボトルなど、無残に捨てられたごみを拾って、きれいな道路にしてくれました。

玉造の青少年健全育成協議会では、この後、中学校の生徒会の皆さんと、地域のことや気が付いたことなどの話し合いの時間を持っています。

クリーン作戦の活動は、大勢の参加によって1時間ほどで終了しました。

2011年12月 4日 (日)

わたしのライフスタイルーー人生を10倍楽しく生きる方法

Dsc_019112月3日に、平成23年度男女共同参画セミナーで、『わたしのらいふすたいる』~人生を10倍楽しく生きる方法~をテーマにした、講演会があったので、拝聴に行ってきました。

4人のパネリストとコーデネーターには塚本倫正先生でした。

イラン人で日本人と結婚して日本に住んで19年という、アミリ・アクバルさんの話がおもしろかったです。

日本は男も女も仕事もするし家事もするが、イランでは、家庭内のことは女性が、外の仕事は男性がするそうです。

また、バスに乗るときも乗り口は別、街中を歩く時も、結婚前の男女は一生に歩けないそうです。

小さい時からそのように教育を受けているからなんの支障も感じないとのことでした。

でも今は、日本に慣れて、日本のほうがずっと良いとのことで、家事をやらなかったり、家庭のことをあまりやらないと、奥さんに叱られるそうです。そのことが一番イランと違うらしく、時々こだわるとのこと。

4人のパネラーの発表・・・とてもおもしろかったですよ。

2011年12月 1日 (木)

第4回レクダンス講習会

成田市レクリエーション協会主催・成田市フォークダンス協会主管で、第4回目となる、レクリェーションダンスの講習会を成田市中央公民館で開催しました。

Dsc_0190

レくダンスは、既存の局に合わせて、楽しく踊る、創作ダンスと言ったほうがわかりやすいと思います。

講師の、宇津木安代先生は、日本フォークダンス連盟公認指導者で、日本レクリエーション協会のレクコーディネーターも務めています。

この日は、LET'S  PARTYI (青山テルマ歌手)  1週間に10日来い (五月みどり)

横浜ルージュ (北側大介)  ユーアーマイサンシャイン  Mamma (秋元順子)  愛されていたい (オルリコ)  陽はまた昇る (アラジン) の、7曲を、宇津木さんの軽妙な指導で、参加者は終始笑いながら、楽しく、10時から12時までの2時間を過ごしました。

いろいろな場所で、指導普及することを期待しています。

 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30